ホーム>脱原発への道>安倍首相安全宣言の裏・汚染水被害の拡大

原発事故の現状安倍首相安全宣言の裏・汚染水被害の拡大

2013年9月10日

東電によると、「0.3平方キロメートル」とは、原発の専用港を八の字形に仕切る防波堤の内側部分のことで、船舶の出入りのために、その港湾口は120m間隔で開いている。汚染水は、港湾外の水と入れ替わりながら外洋に流れ出ている可能性が高い。201374日に茨城沖で獲れた魚から1000ベクレルの放射性セシウムが確認されている。さらに、福島沖20km圏内には放射性セシウムの濃度が周辺よりも高いホットスポットが40カ所以上見つかっている。汚染水がコントロールされているとは言い難い。

北海道新聞毎日新聞産経新聞


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

関連記事


高木善之「大震災と原発事故の真相」 250円(税込)

原発に関して、日本一わかりやすい本を、日本一安く作りました。この本1冊で、複雑な原発問題の本質と全体像、原発の無い社会の実現のために私たちにできることがばっちりつかめます!