ホーム>脱原発への道>150キロ先まで被曝基準超(福井県 原発事故時想定)

脱原発への道150キロ先まで被曝基準超(福井県 原発事故時想定)

2014年4月25日

朝日2014年4月24日神戸新聞4月25日、ほか

静岡県は南海トラフ巨大地震と津波により、浜岡原発で重大事故が起きた場合の避難シミュレーションを発表。原子力規制委員会の指針で避難が必要としている原発から半径約30キロ圏内の86万人が避難をするのに32~46時間、5キロ圏内の住民の避難に最長13時間必要であり、一部住民が被曝をする可能性が高いことがわかった。また、このシミュレーションでは、地震による道路の損壊は想定されておらず、これ以上の時間が必要となる可能性も高い。
また、兵庫県は福井県内の原発で福島第一原発並の事故が起きた場合の放射能の拡散予測をまとめ発表した。予測結果では、、安定ヨウ素剤の服用を必要とする放射能の国際基準を上回る地域が、高浜原発事故で32市町、大飯原発事故で38市町におよび、150キロ離れた淡路島も含まれている。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

高木善之「大震災と原発事故の真相」 250円(税込)

原発に関して、日本一わかりやすい本を、日本一安く作りました。この本1冊で、複雑な原発問題の本質と全体像、原発の無い社会の実現のために私たちにできることがばっちりつかめます!