ホーム>脱原発への道>国内の全原発:30キロ圏内避難に最大6日

原発事故の現状国内の全原発:30キロ圏内避難に最大6日

2014年1月14日

2014年1月14日毎日新聞

国内の全原発で30キロ圏内の住民全員が避難するには、少なくとも半日以上かかるとする試算を、民間団体「環境経済研究所」がまとめた。地震との複合災害の影響などで避難路が国道のみに限られる場合、静岡県・浜岡原発では避難完了までに、6日近くかかる。

重大事故発生から格納容器の損傷、放射性物質の放出までに要する時間は推定3~8時間半だ。今回の試算は、各原発でこの時間内に30キロ圏内から全員避難させることが難しい現実を突きつけた。過去の経験を共有し、避難道路の早急な整備など抜本的な対策が迫られている。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

高木善之「大震災と原発事故の真相」 250円(税込)

原発に関して、日本一わかりやすい本を、日本一安く作りました。この本1冊で、複雑な原発問題の本質と全体像、原発の無い社会の実現のために私たちにできることがばっちりつかめます!