ホーム>そうだったのか!日本経済>【第10回】便利快適とは

【第10回】便利快適とは


便利快適とは何でしょう。



テレビ、洗濯機、炊飯器、トースタ、冷蔵庫、電子レンジ、エアコン、クルマ、マイホームなど便利で快適なものはいくらでも思いつきます。

でもそのために家庭の団らんが失われたり、家族が別々に生活し始めたり、大量消費社会でエネルギー消費が増え原子力発電所が増えたり、ゴミが増えてごみ処分場、産廃問題、ダイオキシン問題が増えています。

今は明らかに「行き過ぎ」でしょう。



でもこれはどこまでが便利快適でどこまでが「行き過ぎ」なのでしょう。

いったん手にすれば「やめられない」「いくらでもほしくなる」そして量を増

やしていかなくてはならない、そして行く着く先は破局、これは麻薬ではないで

しょうか。



麻薬だとしたらそもそも適正値はあるのでしょうか。麻薬は所詮麻薬です。麻

薬には適正値はないのです。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check