ホーム>そうだったのか!日本経済>【第22回】ゼロサム

【第22回】ゼロサム


ゼロサム
経済というのはゼロサム(プラスマイナスゼロ)です。つまり一方が得をすれば他方が損をするのです。
2人の間でお金のやりとりをすれば、一方が得をすれば他方が損をします。
二国間で取引をすれば、一方が黒字になれば他方が赤字になります。多国間取引でも結局同じです。

では国際経済全体について考えて見ましょう。

グラフを見てください。グラフのaの部分は1950年から1990年までの40年間右上がりです。これは一般によく知られている世界経済を表すグラフです。1990年以降頭打ちです。これはなぜでしょう。
グラフのbの部分は同じ40年間に右下がりです。これは途上国の累積債務(借金)の総額です。aとbは上下対称です。つまり、

途上国の借金の総額≒先進国の貯蓄の総額

なのです。だから経済はゼロサム(プラスマイナスゼロ)と呼ばれるのです。
借金と貸金はゼロサムです。一方が豊かになれば他方が貧しくなります。
つまり、みんなが豊かになることはできないのです。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check