ホーム>そうだったのか!日本経済>【第34回】「アメリカ大陸発見」ってなあに?

【第34回】「アメリカ大陸発見」ってなあに?


①1492年 コロンブスのアメリカ大陸発見
②1543年 種子島にポルトガル人が漂着、鉄砲の伝来

この二つはどう違うのでしょう。

立場によって見方が大きく変わります。
①はアメリカ先住民にとっては「1492年にコロンブス漂着」、殺さずに食糧や水を与えたのに、彼は先住民を大量虐殺して国を奪ったのです。
②はポルトガル人にとっては「1543年日本列島発見」、彼らが「インドだ!」と思えば日本人は「インディアン」ですし、もし日本が弱ければポルトガルの植民地になり日本人は大部分が殺されポルトガル人の国になっていたでしょう。その後、ポルトガリアとして本国から独立、生き残りの日本人は差別の中で生きていたかもしれません。

相手国の立場で歴史を見直すと、これまでの傲慢さがよくわかります。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check