ホーム>環境情報>5分で分かる環境問題>5分でわかる消えゆく生物多様性

5分でわかる消えゆく生物多様性

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


global-warming-1733889_640.jpg

◆消えていく生物たち

46億年の歴史を持つ地球は誕生から約10億年たったとき、太古の海に初めて生命(単細胞生物)が誕生。
現在は、生命が満ち溢れる星になりました。しかし今、多くの生物が絶滅の危機に瀕しています。

トキ(学名:ニッポニアニッポン)
明治時代まで、日本全国にたくさんいましたが、農薬や乱獲によって、次第に減少。
日本の最後のトキ(年齢 36歳)は2003年10月10日に死亡し、絶滅しました。
現在、佐渡島のトキ保護センターに中国から輸入したトキ数十羽を含めて、中国に約300羽程度が残っているだけです。

ニホンオオカミ
日本中に広く生きていたオオカミは、畑を荒らすシカやイノシシを駆除する益獣とされ「大神 (おおかみ) 」として称えられてきました。
明治以降の開発によって、生息地が減少、飼い犬から狂犬病がうつるなどの原因で数を次第に減少。
飢えによりオオカミが家畜などを襲ったため、懸賞金付きのオオカミ退治も奨励され、 1905年1月23日に奈良県で見つかったのを最後に絶滅しました。

アメリカリョコウバト
アメリカへの移民が始まるまでは、アメリカ大陸に50億羽以上が生息していました。
しかし、開拓移民の食糧や羽根布団の材料、家畜のえさ、ゲームの標的として乱獲され、激減。
1914年9月1日午後1時シンシナティ動物園で最後の一羽マーサが死亡し、リョコウバトは永遠に地上から消えました。

アメリカリョコウバト
絶滅してしまったアメリカリョコウバト

上記以外にもオオウミガラス、タスマニアオオカミ、ジャイアントモア、ドードー ...
無数の哺乳類、鳥類などがすでに絶滅。私たちはもう二度とその姿をみることはできないのです。


◆絶滅は加速度的に増えている

46億年の地球の歴史の中で、5回の「大絶滅」(オルドビス期、デボン期、二畳期、三畳期、白亜期)があり、気候変動や天変地異などで生物の大部分が絶滅しました。
二畳期(2億5千万年前)には90%が消滅し、白亜期(6500万年前)には恐竜など75%が消滅しました。

現在、ホ乳類の1/4、鳥類の1/9など、全生物の 25%が絶滅の危機にさらされています。

現在の絶滅は「大絶滅」よりも急激で大規模で、生態系の破壊により、根こそぎの種の絶滅のため、約 2000万種の生物のうち、毎年5万~15万種(毎日 100~300種)の生物が今も絶滅し続けています。
この絶滅の速度は過去の絶滅の数万倍です。こうしたことを受け、国連機関や世界的な研究所が次のような報告を発表しています。


「生物多様性を保つことは既に手遅れ」( 99年国連UNEP報告)

「現在は大量絶滅時代に突入」( 03年米ワールドウオッチ研究所)
生物種の絶滅.jpg


◆絶滅の原因

19世紀までの絶滅は、食糧や毛皮、羽毛などを目的とする乱獲によって、リョコウバトやトキのように特定の種の生物が絶滅してきました。
しかし、現在は森林伐採や河川の汚染、乱開発による生態系の "根こそぎの破壊"が進行しています。
(山の切り崩し、 湖沼や河川の埋立、河川や海岸の護岸工事、ゴルフ場、リゾート、コンビナートなどの開発や農薬などによる環境汚染など)
とくに生物の宝庫といわれる熱帯林の破壊は深刻です。
自然淘汰の 10,000倍の速度で絶滅が進んでおり、 30年以内に熱帯の植物や鳥類の25%が絶滅すると世界銀行が報告をしています。
環境破壊や開発の加速を考えると、種の絶滅の加速は予測不可能なほど悲惨な状況です。


◆種の絶滅は人類の絶滅

象の群れ
生物は互いに支え合っています。
クマノミはイソギンチャクと、ワニチドリはワニと共生しています。
私たちの体の中にも腸内細菌のような菌が住んでいます。
細菌類が全くいなくなると私たちも生きていけません。
種の絶滅はその場の生態系の崩壊を意味しています。
一種の生物の絶滅が引き金になって、ドミノ倒しのように人類を含めた生物の全滅につながる可能性があります。


私たちの生活は、衣食住すべてにおいて自然の恵みなしには成り立たない
「毎年380兆円の自然の恵みを破壊し失っている」(UNEPのTEEB報告書)


◆私たちにできること(生物多様性を守るための5アクション)

1.旬の食材や自分が住んでいる地域でとれたものを食べる
 ・旬の食材を食べることで、季節の変化を実感しながら暮らすことができる
 ・自分が住んでいる地域でとれたものを食べれば、自分の土地に愛着が湧き、知識も自然に身につく

2.動物園、植物園、公園など、身近な自然を体験する
 ・自然の中にいることは生物多様性を知る何よりの教材
 ・様々な自然体験を通じて地域の特色や生き物の生態を実感することが、生物多様性のより深い理解につながる

3.様々な生き物について体験したことや興味を持ったことを絵や写真などで記録
 ・生き物の形や名前を覚えることで、周囲に生き物が多くいることを実感できる
 ・四季の移り変わりを感じ、生き物の営みに気付くことで、自然のすばらしさを感じることができる

4.生物多様性についての活動に参加する
 ・各地に楽しく参加できるイベントはたくさんある
 ・生き物同士のつながりや、人と自然のつながりを実感できる

5.生物多様性の保全に貢献している商品を選ぶ
 ・生物多様性に配慮した会社の商品を選ぶ
 ・私たちが生物多様性の保全に貢献する企業を応援すれば市場が変わる


より詳しく知りたい方は、下記書籍をお読みください。



地球環境ファミリーシリーズ『地球は今』第4巻 『滅びゆく生物』

2010年は「国際生物多様性年」でした。

日本ではあまり知られておらず、動きとしてはまだまだ小さいものです。

人間の文明社会によって地球環境が変化し、多くの生物種が住みづらくなっています。
地球上の生物の誕生から滅亡の実態、滅びゆく生命を助けるには、私たちが何をしたらいいか?


 



このエントリーをはてなブックマークに追加 Check