ホーム>環境情報>環境レポート

生物多様性5つのアクション  2010年7月号

2010年07月01日


10月18日から29日まで名古屋で生物多様性条約締約国会議(COP10)が開催されます。そこに市民の声を反映するために、一昨年に議長国日本のNGOが集まり、生物多様性条約市民ネットワーク(CBD市民ネット)が結成されました。ネットワーク『地球村』も参加しています。CBD市民ネットが「生物多様性を守るために、私たちができること」という5つのアクションをまとめましたので、ご紹介します。


●生物多様性が失われている2010-07chikyuima-1.jpg

地球上の生物種は、絶滅しつつあります。絶滅危惧種の調査が終わった4万5千種のなかで、すでに38%が絶滅の危機にあると言われています。

生物多様性が残されている地域(生息地)も右グラフのように失われています。「ミツバチがいなくなると4年後に人類は滅びる」という警告もあります。

今後、地球は、世界は、人類はどうなるのでしょう。 今、私たちが動き出すことこそが大切なのです。


 



●5つのアクション

CBD市民ネットは、生物多様性のことに関心を持ち、できることからすこしでも始められるように「5つのアクション」にまとめて、呼びかけています。

アクション1. 旬の食材や、自分が住んでいる地域でとれたものを食べてみよう。
季節の変化を感じたり、土地ならではの多種多様な食材に触れることで、自分の身の回りの生態系や環境の変化に関心をもつようになります。

アクション2. 大人も子どもも、みんなで楽しく自然を体験してみよう。
自然の中にいることが何よりの教材です。遠くの自然へ出かけるだけでなく、動物園や植物園、水族館、自然史博物館へ行ったり、近所の公園を散歩するのも一つの方法です。地元の自然の特色や生き物の生態を実感することができます。

アクション3. あなた自身が、クリエイターになってみよう。
絵や写真、日記、俳句など自分の方法で自然を記録してみましょう。いつも見かける綺麗な花も名前を知るとさらに親近感がわきます。漫然と見るだけでなく、主体的に観ることで、四季の移り変わり、自然の移り変わりをより身近に感じることができます。

アクション4. さまざまな活動に参加して、「きずな」を再発見してみよう。
各地で行われている自然観察会、体験会などに参加してみましょう。「地引き網漁を体験しよう」「秋の味覚を探そう」など、誰でも楽しく参加出来るイベントもたくさんあります。生き物同士のつながり、人の暮らしと自然とのつながり、過去・現在・未来のつながりなど、その場所へ行くことでさまざまな「きずな」を実感できます。

アクション5. 生物多様性保全に貢献している商品を選んでみよう。

生物多様性に配慮した林産物、海洋環境に配慮した水産物などを選びましょう。消費者が意思表示をし、環境保全に取り組む企業を応援することで、企業の姿勢を大きく変えることができます。エコラベルを表示しているものも多くなりました。(『地球村通信』の2月号もご覧ください)
 



●こんな企画も進行中です。ぜひ参加して、世界の仲間とつながろう!


・生物多様性じぶん条約
http://www.i-cbd.org
生物多様性条約は、国と国との間の条約です。そこにはオブザーバーとしてしか参加出来ませんが、自分と地球のあいだで条約を結んでみようという企画です。
自分として「こんなこともできる」ということを宣言してみませんか。これからの行動をできるだけ具体的な条約にして、サイトに登録することが出来ます。皆さんが主役です。
詳しくは、生物多様性じぶん条約サイトをご覧ください。

・想いでつなごう!COP10おりがみプロジェクト
http://www.cop10-origami.com2010-07chikyuima-2.jpg
COP10のロゴマークは、日本の伝統文化「おりがみ」で人や動物たちをモチーフに描かれています。おりがみで動物たちを折り、10年後の未来に向けたメッセージをおりがみに書き、サイトから写真を投稿するというプロジェクトです。
メッセージ入りの「おりがみ」は、名古屋のCOP10会場に展示され、会議の参加者にも見ていただく予定です。詳しくは、COP10おりがみプロジェクトサイトをご覧ください。




映画「Beautiful Islands」を観て
南太平洋のツバル、イタリアのベニス、アラスカのシシマレフ島。いずれも、気候変動の影響を受け始めている地域です。この映画「Beautiful Islands」はこれらの3地域の祭りや伝統工芸、水辺での暮らしなどを映し出している映画です。すこしずつそこでの伝統的な生活ができなくなっている現状も話されています。ナレーションもBGMもなく、波や風の音などの自然の音や生活している人の声、歌などだけで構成されているので、私たちが失おうとしているものをより強く実感しました。
7月以降、全国でロードショー予定です ⇒ http://www.beautiful-i.tv