ホーム>環境情報>環境レポート

日本は今

2017年05月31日


安倍政権の閣僚の失言、失態が続くが辞任せず、国会審議もウソ、ごまかしでかみ合わないまま強行採決。これが「一強」の結果だ。
この現状を改めなければならない。

(落合真弓)

●一強の自民、安倍首相はどんどん傲慢に

  • 選挙の時は都合の悪い話題(憲法、自衛隊、原発など)は封印、耳ざわりのいいことを話し(アベノミクス、景気が上がるなど)、選挙に勝つと公約は無視、やりたい放題
  • 国会議論では、野党の質問には答えず、ウソやごまかし、はぐらかし
  • 金田法務大臣、稲田防衛大臣など、まともに答弁できない閣僚ばかり
  • 答弁できない閣僚に代わって、安倍首相が自己主張ばかりで答弁にならない答弁
  • 勝手に時間切れ宣言、強行採決が常套(じょうとう)手段

★民主主義は多数決で強行するものではない。少数派の意見を圧殺してはいけない。

●失言、暴言、失態を繰り返す閣僚たち

  • 安倍首相:「云々(うんぬん)を「でんでん」、行政府の長なのに「私は立法府の長」 ← 無知
  • 高市総務大臣:「中立でない報道は電波停止」 ← 「中立」とは何なのか??
  • 甘利経産大臣:ワイロが発覚したが、ほうかむり ← 犯罪すら権力でもみ消し
  • 山本農水大臣:「冗談を言ったら、クビになりそうだった」 ← この発言で辞任
  • 沖縄担当大臣:「(機動隊の土人発言)差別とは断定できない」 ← 居座り、居直り
  • 復興政務官:「(おんぶされて)長靴業界はだいぶもうかった」 ← この発言で辞任
  • 稲田防衛大臣:は防衛に関して無知。森友学園問題でうそ ← 不適格
  • 金田法務大臣:「私の頭脳で対応できない」答弁は官僚任せ ← 不適格
  • 山本地方創生大臣:「学芸員はガン。一掃すべき」 ← 事実誤認、居座り
  • 今村復興大臣:「自主避難は自己責任」「文句があるなら裁判でもやればいい」
      (記者に)「黙れ、出て行け」、「大震災は東北でよかった」 ← この発言で更迭

★私的な問題(不倫や金銭など)を起こした議員は辞職や辞任、離党するが、
本業で失態、暴言など、国民に迷惑をかけた政治家が居座るのはおかしくないか!

*暴言や失言は、多くの場合は『本音だ』。政治家として不適格
*不適格の人間を任命した安倍首相も不適格

●目をおおうばかりの閣議決定

「閣議決定」とは、政府の最も重要な基本方針を全閣議で合意するものだが、安倍政権になってからの「閣議決定」は・・・

  • 憲法違反の集団的自衛権を「閣議決定」
  • 「(沖縄県民に対する土人発言は)差別ではない」
  • 「昭恵夫人は私人」
  • 「教育勅語は教材として使用可能」
  • 「ヒットラーの著書『わが闘争』も教材として使用可能」
  • 「体育で『銃剣道』復活は、戦前回復ではない」

★こんなことを公式見解で発表するなど信じられないことだ。
どこかの独裁国家と区別が付かない。


●森友学園問題・・・政治の私物化

  • 安倍首相、昭恵夫人の関与により、財務省が忖度(そんたく)
  • 法外な値引き(8億円)、書類破棄、異例、特例の連発
  • 国会では籠池氏だけ証人喚問、関与した首相、夫人、財務省幹部は不問
  • 国家ぐるみの不正と隠蔽に警察、検察など司法が動かない

★韓国の朴槿恵(パク・クネ)前大統領は弾劾罷免なのに、日本はどうなっているのか

●安倍政権の虚偽

  • 名前の付替えで中身尾を隠す ← 詐欺
     戦争法を「安保法制」、治安維持法を「テロ等準備罪」
  • 「説明責任をまっとうする」「丁寧な説明をする」 ← ウソ
  • 原発再稼働、大型公共事業同盟、治安維持法を「戦後レジームからの脱却」
  • 大企業、富裕層に大盤振る舞い、格差の拡大を「アベノミクスの成果」

●このままでは

  • 平和憲法の破棄、戦争できる国へ
  • 報道規制が強化され、自主規制も強まるだろう
  • 秘密法で情報操作、治安維持法(共謀罪)で戦前のようにものが言えなくなる時代へ
  • アメリカと一体化、近隣国と対立、世界からの孤独

●諦めてはならない

  • 自民党は議席では圧倒的多数だが、それは選挙制度の問題であり、実際には投票率は低く、得票数は有権者の3割未満
  • 選挙制度の改正(小選挙区制をやめる)
  • 棄権、白紙投票は「一強」に有利になる。
  • 本気で市民と野党が連合すれば現状を打破できる。
★国民の8割が「戦後 70 年の平和と発展は平和憲法のおかげ。
平和憲法は守らなければならない」と考えている。
政府の横暴に「待った」をかけよう。

     ◎詳しい解決方法は、『宇宙船地球号のゆくえ』をお読みください!

≪ 前の記事
海の恩恵と現状
次の記事 ≫
官僚たちはいま