ホーム>環境情報>環境トピックス>オゾンホール 南極対立の1.6倍に

オゾンホール 南極対立の1.6倍に

2016年12月14日


南極上空のオゾンホールが南極対立の1.6倍の大きさに達した。
これは過去4番目の大きさで、依然としてオゾン層破壊が続いている。
国連の報告では、フロン規制により待機中のフロン濃度は緩やかに減少しているが、まだ高い状態にあり、南極上空のオゾン層が1980年依然の水準に戻るのは、50年以上先になると予測されている。

【11月17日 NHK】

次の記事 ≫