ホーム>環境情報>環境トピックス>韓国、脱原発に政策転換

韓国、脱原発に政策転換

2017年07月13日


韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は脱原発の推進を宣言した。
韓国は総発電量の7割が原発と石炭火力だが、文氏は「原発は安全でも安価でもなく環境にも良くない」と指摘、
「脱原発は逆らうことのできない時代の流れだ」と強調、
「再生エネルギーや液化天然ガスなど清潔で安全なエネルギーを育成する」と宣言した。

世界の「脱原発」を推進した原発事故当事国の日本は、なぜ原発を推進するのか。
【6月20日 東京新聞】