ホーム>環境情報>環境トピックス>2016年の記録的高温は人的活動に起因

2016年の記録的高温は人的活動に起因

2018年01月16日


2016年の世界平均気温は過去最高値だった。
18ヵ国 116人の科学者が、インドの 580人の犠牲者を出した大規模な熱波、世界最大のサンゴ礁グレートバリアリーフの大規模な白化現象など、
異常事象 27件を分析した結果、「化石燃料の燃焼など人間の活動に起因する気候変動以外に説明がつかない」との報告をした。
これまでは「人為的な活動が異常気象の発生確率を上昇させている」とされてきたが、今回は「大部分(80%)が人為的影響で起きた」と特定された。
ここまで突き詰められたのは今回が初めてだ。今後さらに異常気象は増え、悪化するだろう。

一部の業界や御用学者が「温暖化は自然現象だ」「今年は寒いから温暖化はウソだ」などの発言をしているが、

すでに人為的な活動の関与を否定することは非現実だ。
もはや現実から目を背けることはできない。日本政府も本気で取り組むべきだ。



【12月14日 AFP】