ホーム>環境情報>環境トピックス>対人地雷の死傷者数、3年前の 1.5倍

対人地雷の死傷者数、3年前の 1.5倍

2018年01月16日


対人地雷が原因で死亡・負傷した人の数は、2016年は 8605人以上で 2013年の 1.5倍だ。
また、死亡の 78%は民間人で、このうち 42%が子どもだった。
対人地雷は、1997年の国際条約で生産や使用などが全面的に禁止されているが、
ミャンマー治安部隊が埋めた対人地雷でロヒンギャ難民が大きな被害を受けている。
ロヒンギャの人々はミャンマー政府の弾圧で隣国バングラデッシュに 100万人が避難している。

※『地球村』はロヒンギャ難民の支援を始めています。ご協力お願いします。
 事務局からのお知らせ●活動・支援報告(NPO法人「AMDA])をご覧ください。


【12月15日 AFP】