ホーム>支援活動>広島市土砂災害 緊急医療活動支援(特定非営利活動法人AMDA)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

緊急支援活動

広島市土砂災害 緊急医療活動支援(特定非営利活動法人AMDA)

2014年9月 3日

特定非営利活動法人AMDA(アムダ)が行っている、広島での大規模土砂災害に対する緊急医療活動に、緊急人道支援募金から5万円を拠出しました。

(2014.8.29)

広島市北部で発生した大規模土砂災害と支援活動の内容(AMDAホームページより抜粋)

8月20日に広島市北部をおそった豪雨で、19日午前9時から20日午前4時までの累積雨量は、安佐北区の多いところで285ミリ、安佐南区でも215ミリとなった。このため、広範囲で土砂崩れが発生し、土砂が家屋や道路を飲み込んでおり、被害の全容は未だ明らかになっていない。救助活動も困難を極めており、甚大な被害が出ている。
 
現在、雨は止んでいるものの、豪雨による地盤の緩みがあり、引き続き土砂災害の懸念があることから広島市安佐南区、北区では避難勧告が未だ出ている。それに伴い安佐南区では9カ所、安佐北区では17カ所が避難所として設置されている。
 
このような状況を受け、総社市とAMDAグループとの多文化共生に関する協定に基づき、総社市、AMDAの合同緊急支援活動を実施することが決定した。AMDAからは1名の看護師を派遣し、今後の支援活動をふまえた支援活動やニーズ調査を行う。
 
なお、AMDAと総社市との合同緊急支援活動は、2011年1月ブラジルリオデジャネイロ洪水、2011年3月東日本大震災、2013年山口・島根県豪雨災害に続き3例目となる。

詳しくは下記ホームページをご覧ください

特定非営利活動法人AMDA(アムダ)

AMDAからの『地球村』の支援報告




募金のお願い

ネットワーク『地球村』の活動は、みなさまの会費とご支援によって支えられています。
また、各種募金への協力もよろしくお願いいたします。

募金の振り込み先を見る