アフガニスタン難民支援活動報告 -Afghanistan Support Activities Report ネットワーク地球村
アフガニスタン難民支援活動報告 -Afghanistan Support Activities Report ネットワーク地球村
絶望の国から希望のメッセージ
Contents
アフガンの現状
アフガン支援について
アフガンからのメッセージ
募金するには
活動報告
会計報告
報告会スケジュール
活動ギャラリー写真
トップに戻る
書籍の紹介「アフガニスタン難民支援活動報告書」
支援報告会スケジュール

New!! 
【アフガニスタン報告会講師プロフィール】


●植木宏(うえき ひろし)


<プロフィール>                       

1970年 福島県郡山市に生まれる

1997年 ネットワーク『地球村』 代表 高木善之氏の講演会に参加し、はじめて地球環境の現状を知り、”自分もできることからやろう!”と活動をはじめる

1998年 こおりやま『地球村』を立ち上げ、福島県郡山市を中心に活動を始める。

2001年 東京オフィスに場所を移し、本格的に活動を始める。

2002年〜2004年の3年間、アフガニスタン難民支援活動の現地責任者として奔走。
難民キャンプへの緊急支援物資配給、帰還難民への緊急支援、地雷除去活動、地雷回避教育ノート配給、干ばつ地域への井戸掘り、学校建設、帰還難民の自立支援プロジェクトなど数々のプロジェクトに携わる。現在、アフガニスタン支援を通して体験を基に『僕が見てきた戦争とは?』『本当の支援とは?』『生きるとは!』などを中心に講演活動をおこなっている。

<過去の主催団体一覧>

【行政】 東京都町田市、墨田区、川越市霞ヶ関北公民館

【学校】 藤沢市立羽鳥中学校 岩館村立岩立小学校(福島県) 矢吹中学校(福島県) 
猪苗代高校(福島県) 薫小学校(福島県) 三春町立岩江中学校(福島県)
三春小学校(福島県) 善行中学校(藤沢市)

【企業】アンリ・シャルパンティエ 蟇糎鏡什扈蝓ヾ超保全推進委員会(NOA)

【各種団体】 郡山市倫理法人会、南流山ライオンズクラブ 郡山ゾンタクラブ 
       国際ソロプチミスト船橋 

【市民グループ】  まつど『地球村』、 印西『地球村』、 たま『地球村』 、
とよた『地球村』 湘南ふじさわ『地球村』 、ゲンキ地球ネット 、白河シネマパラダイス、
『地球村』八王子、『地球村』まちだ、国際協力フェスタ実行委員会
会津若松『地球村』、こおりやま『地球村』、『地球村』なごやひばりヶ丘『地球村』、
たま『地球村』 P・P・F(PIECE×PEACE FESTA実行委員会(中央大学))


●羽鹿 秀仁(はじか ひでひと)


<プロフィール>

1963年 大阪府羽曳野市に生まれる

1977年 青年海外協力隊に参加、中米ニカラグアで活動

1999年 ネットワーク『地球村』代表 高木 善之氏の講演会に参加、自分たち先進国の生活が世界の飢餓・貧困の大きな原因となっていることにショックを受ける

2000年 再度、青年海外協力隊に参加、中米パナマの先住民自治区で貧困対策プロジェクトを実施

2003年〜 帰国後、『地球村』事務局でスタッフとして活動開始。
アフガニスタンの支援活動を中心とした国際活動を担当。青年海外協力隊における支援活動の経験を生かし、アフガニスタンでのプロジェクト実施に尽力。学校建設、井戸の掘削、給水施設整備、植林等を実施し、その時の体験をベースに講演を実施している。アフガニスタンの現状を通じて地球環境問題、平和問題についてのともに考える講演や協力隊やアフガン支援の体験に基づいた国際支援活動、NGO活動等のテーマで講演を実施している。

<過去の主催団体一覧>

【学校】 大阪経済大学、郡山西小学校(奈良県)、生駒南第二小学校(奈良県)、
     学校法人さくら学園(岡山県)

【各種団体】 滋賀県青年国際交流機構、愛知万博(NPO法人ネットワーク大地)

【市民グループ】 吉備・くらしき『地球村』、高知『地球村』、ネットワーク『地球村』東京事務局


【報告会の開催お問い合わせ】
ネットワーク『地球村』大阪事務局 
アフガニスタン報告会担当:雲川(くもかわ)
TEL 06-6311-0309 FAX 06-6311-0321
E-Mail office@chikyumura.org

〜報告会に参加された皆様のご感想〜


ページトップへ
Copyright Network Earth Village All Right Reserved.