ホーム>『地球村』からのメッセージ>高木善之ブログ日記

「我々はみんな平等だ」
「全ての人を受け入れる国だ」
「より良い将来を築くために
国民一人一人が声をあげることが大切」
差別や分断、恐怖によって
民主主義は崩れると、
トランプ政治への懸念を述べた。
支えてくれた人々に感謝。
Yes, We Did!
「私達はやり遂げた!」
涙とともに締めくくった。
拍手は鳴り止まなかった。
演説のあとのツイートでは
「ありがとう。
私の最後の望みは最初と同じ。
YES WE CAN!
あなたの力を信じてください」

彼は全てを成功させた訳ではなかったが、
彼がやれることは全てやったと思う。
素晴らしい大統領だった。
しかし彼はまだ55歳。
トランプ氏とんでもない失敗をして混乱が深まれば
オバマさんアンコールの可能性はある。

ページの先頭へ戻る

ゴールデングラブ賞授賞式で、
トランプ氏の差別、悪口、いじめについて
「権力者がこんなことをすれば人が真似をし、
軽蔑は軽蔑を招き、暴力は暴力を招く。
メディアも勇気を持って報道してほしい」
と立派なスピーチをした。
日本の著名人もメディアも勇気を持ってほしい。

これに対してもトランプ氏は
品の悪い侮辱と虚偽の反論をした。
彼はまだ大統領ではないのに、
毎日のようにツイッターで好き放題を書き、
国、企業、個人に影響を与えている。
これは政治でも外交でもない。
これであたふたする国も企業も情けない。

ページの先頭へ戻る

★最近思うこと

トランプ氏は自分中心、自国中心。
欧州諸国も右傾化、難民排斥。
日本も右傾化、近隣国と対立。
国内も、おでんツンツン、チェーンソー事件など、
幼稚で自分勝手、自己中な事件が多発。
つくづく世の中おかしくなっている。
政治家もみんなも自己中、幼稚化して、
大切なことに無責任、無関心になっている。

『星の王子さま』のフレーズが浮かんだ。
「大切なものは目に見えないんだ」
「幸せってすべてのことに責任を持つことなんだ」

※「責任を持つ」は「関心を持つ」よりカッコいいね。

ページの先頭へ戻る

http://nifty.jp/2hGSyKd

・視聴者審査
 白組420万票 紅組253万票 
・会場審査 
 白組1274票 紅組870票  

白組圧勝なのに、
なぜ紅組が勝利した???

実は審査員はボール1個で
紅組9個、白組2個だった。
そこに視聴者結果は白ボール2個
会場審査結果は白ボール2個を加え、
紅組9個、白組6個 ⇒紅組の勝ち!

なんだ!
意見を聞く振りをしただけ!
今の政権、国会と同じ!
NHK紅白歌合戦は、いつも時代を反映!

拡散どうぞ♪

ページの先頭へ戻る

カストロがいい人か悪い人か、
キューバがいい国か悪い国か、
見る人のモノサシしだい。
資本主義から見ると、
格差がないキューバは悪い国。
比較や競争で苦しい国には、
陽気で楽しいキューバは悪い国。

しかし私には、
・医療費、教育費が無料、
・老後の不安がないキューバはすごい!
・識字率、医師の比率もアメリカより高いキューバは素晴らしい!
・そんな国を実現したカストロ氏は凄い人♪

私はその事実を知らせるために、
キューバの奇跡』を書いた。
読んでほしい。

以上は、
私の毎朝メルマガ(無料)の今朝の配信だ。
まだの方は、ぜひどうぞ。

ページの先頭へ戻る

しかしTPPの発効条件は、
「参加12か国のうち6カ国以上、
かつ合計GDPの85%以上の承認」だが、
アメリカのGDPは60%、日本のGDPは18%。

つまりアメリカが反対しても、
日本が反対しても、TPPは発効しないのだ。

トランプ氏は「絶対にサインしない!」と断言している。
この状況で、安倍首相はなぜそんなに急ぐのか。
(-_-;) (-_-)y-~~~

ページの先頭へ戻る

★トランプが大統領に

報道では「予想外の結果」と言っているが、私には「予想通り」だった。

というのは、オバマ政権の8年はどうだったか。
・ロシア、中国が軍事的に進出、
・アフリカ、中東で戦闘が激化、
・アメリカの影響力、地位が低下。
・「Change!」「Yes,we can!」は?

トランプは、現状のアメリカに、不安や不満を抱いている国民の心を捉えた。
「トランプはアメリカを変えてくれる!」
「彼は乱暴者だが、それでもいい!」
こんな人が予想以上に多かったのだ。

トランプは、
・ブッシュ大統領と同じことをやるだろう。
・メキシコとの国境に壁を作るだろう。
・TPPから離脱するだろう。
・不法移民、難民にきびしい政策を実行するだろう。
・日本に過大な要求をするだろう。
・アベノミクスは失敗するだろう。
・日米関係が大きく変わるだろう。
・日本国民は許容できないだろう。

そういう意味では、日本に新しい方向が可能になる。

ページの先頭へ戻る

★淀川市民マラソン

私はスポーツにはあまり縁のない人間だったが、6年前から近所のスポーツジムKONAMIに通ってランニングを始めた。

ひょんなことから今回、淀川市民マラソンに『地球村』の仲間5人でエントリーすることになった。おととい11月6日。

5人のうち3人(高さん、石さん、池さん)はマラソン経験者、あとの二人(私と杉さん)は初出場。私が最年長69歳。
エントリーはハーフ(21キロ)だが、私には高いハードル!

★当日
スタート・ゴールは自宅から徒歩で10分!
参加者1万4千人(フル7千人、ハーフ7千人)すごい人の群れ。
スタート時、スピーカーから若い女性の声で、
「みなさん、おはようございます!きょうはマラソンびよりですね!無理せず楽しんでくださいね!いってらっしゃ~~い!」とアナウンス。
私は(気楽なことを言って・・・自分も走ってみろよ・・・)と思っていると、周りの人が、
「あっ!尚ちゃんだ!Qちゃんだ!」と叫んだ!
なんと声の主は、金メダリストの高橋尚子さま(Qちゃん)!
Qちゃんは素敵な笑顔で手を振ってくれていた!
・・・ごめんなさい!失礼いたしました! m(_ _)m

Qちゃんはマイクの途中で
「えっ、これってハーフですか? あ・・・ハーフのみなさん、頑張ってくださいね!」と訂正。
そりゃあ、そうだろうな・・・
・・・尚子さま、ハーフでごめんさない!・・・m(_ _)m

★ひたすらしんどい・・・
途中で「○○○km 」の立看板があるが、その度に、
ああ、やっと1km? あと20km かあ! とてもとても!(>_<)
えっ、まだ3km? あと18 kmかあ! もうダメだあ!(>_<)
えっ、まだ5km? あと16 kmかあ! 完走なんて無理!(>_<)
しかしその度に、周りを走っている人、沿道で応援してくれる人に助けられて走り続けた。
折返し点の手前では、すでに折り返して戻ってきた3人と出会い、ハイタッチして元気をもらう!しかしまだ半分以上!(>_<)

後半は後半で、
まだ12kmかあ! あと9kmも! 走れるかなあ...(-_-;)
まだ15kmかあ! あと6kmも! 走れるかも...(^_^;)
おお18kmかあ! あと3kmか! なんとかなりそう!(^_^)v
あと2キロ、あと1キロ! あと500! 400! 300! 200!
ゴール直前、高橋尚子さまがハイタッチで迎えてくれた!
あと100! そしてついにゴール!
ゴールでは3人の仲間(高さん、石さん、池さん)が出迎えてくれた!ハイタッチ!!! しんどかった! つらかった!
でも、諦めることなく完走できた! ありがとう!
泣き崩れることはなかったが、
自分的には最高に感動!感動!感謝!感謝!

タイムは、トップは高さんの2時間!(キロ6分、平均10.5キロ)
ラストは私の2時間27分!予想以上!(キロ7分、平均8.5キロ)
ほんとに素敵なチャレンジだった!
完走に感謝、感激!仲間に感謝、観劇!
応援してくれたみなさまに感謝!感謝!
みんなみんなありがとう!

ページの先頭へ戻る

後半に、重要な説明があります。
こちらも広めてください。

【本当に助けたいのなら(フルバージョン)】

ページの先頭へ戻る

★広めてください

私の体験をYouTubeにしてくれました。
ぜひ、広めてください。

本当に助けたいのなら

ページの先頭へ戻る



 

過去のブログ日記