ホーム>『地球村』からのメッセージ>高木善之ブログ日記>【ブログ日記】新刊 『コーチング・ワークショップ』(3)

【ブログ日記】新刊 『コーチング・ワークショップ』(3)

ネットワーク『地球村』 (

2009年03月12日

)

毎週木曜日(連続4回)3月20日に発売予定の
新刊『コーチング・ワークショップ』の紹介をします。

★☆゜・*:.。. .:*・゜゜.。.:*・☆★
  『コーチング・ワークショップ』~幸せの種をまく~
           ★☆゜・*:.。. .:*・゜゜.。.:*・☆★

コーチングとティーチングはどう違う?

ところで、「コーチ」と聞いて、あなたは何を思い浮かべるでしょうか。
まずは、スポーツのコーチですね。
そもそも、コーチとは「馬車」を意味します。
馬車は人間を目的地に運んでくれます。
そこから、目標達成を導く人、という意味で
「コーチ」という言葉が使われるようになりました。
ですから、「コーチング」とは、相手に合わせて、その人の
本来持っている能力を引き出していくことなのです。

コーチングに対して「ティーチング」という言葉があります。
ティーチングとコーチングの大きな違いは、誰が主体かという点です。
 ティーチングの主体は、親や先生、上司です。
親が子どもを、先生が生徒を、上司が部下を教育する、
すなわち教え育てるのがティーチングです。
一方、コーチングの主体は、子どもであり、生徒、新人です。
子どものために、生徒のために、新人のために、
コーチは力になるのです。
たとえばスポーツであれば、選手自身が最適な方法を
発見するためにサポートするのが、コーチの役割です。

~まえがきより抜粋~

【来週へ続く】

 (3月20日全国書店発売)・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 『コーチング・ワークショップ』~幸せの種をまく~
高木善之著  PHP研究所刊/四六版ハードカバー
価格:1,575円(税込) ISBN 978-4-569-70739-6  C0030
【「地球村」物販コーナーへの注文】
http://www.chikyumura.or.jp/
【アマゾンへの注文】
http://www.chikyumura.org/coach/