ホーム>『地球村』からのメッセージ>高木善之ブログ日記>ベトナム視察6日目

ベトナム視察6日目

2013年08月06日


老人施設

ベトナムには老人施設は国立と私立(NGO)があり、
国立は経済面でもしっかりしているが、
費用月2万円以上が払える人しか入所できない。
(2万円といえばベトナムの平均月収の半分!)

一方、私立は、収入がなく身寄りの無い老人
(50歳以上)をボランティアで受け入れている。

今日訪問したのは「寺が運営する老人施設」で、
女性138名、男性70名(別の寺)を収容。
スタッフが38名と10名(別の寺)。
費用は月1億ドン以上(50万円以上)
国からの支援はなく、一般からの寄付、寄進で運営している。
私たちが訪問した時、市内の大学生が20人くらいボランティアで訪れていた。

各部屋を見せてもらった。
最年長は97歳、93歳でした。
各部屋40人くらいで、みんな明るく元気だった。
日本の老人施設とはぜんぜん雰囲気が違った。
しかし、1部屋だけ、病気や歩けない人の部屋(20名くらい)だけは
日本の特養(特別養護老人施設)と似た感じだった。

国立の老人施設も見たかったが、
事前許可が必要とのことで、建物を見るだけになった。
広い敷地に、老人施設、孤児院、学校もあるとのこと。
次の機会があれば、ここを見たい。

ゴミ処理場

実際に行ってみると「中には入れない」とのこと。
なんだ!(-'-;) (-_-#) 
広大な敷地にトラックが入って行き、巨大なゴミの山が見える。
かなり「見られたら困る」ことをやっているようだ。
近くの埋め立て中の場所では、
スカベンジャー(ゴミをあさって生活する人)が群がっていた。
それでも金属など有価物を拾うことで1日千円くらいの稼ぎになり、
それなら月収3万円で、ベトナムの平均収入が得られるようだ。

ビンタイ市場

ホーチミン最大の市場を訪問。
衣料、食糧、家具、雑貨、果物などの巨大市場で
店の数は数千、それがぎゅうぎゅう詰めで、
商品もぎゅうぎゅう詰めで、通路が50センチ、
人もすれ違えない密度で並んでいる!
世界各地の市場を見たが、こんなのは初めて!
ぶったまげた!腰が抜けそう!唖然!
人と商品のるつぼ!

疲れ果てた・・・

ベトナム視察記録

ベトナム視察1日目
ベトナム視察2日目
ベトナム視察3日目
ベトナム視察4日目
ベトナム視察5日目
ベトナム視察6日目
ベトナム視察7日目