ホーム>『地球村』からのメッセージ>高木善之ブログ日記>集団的自衛権、原発、TPPへの意思表示

ネットワーク『地球村』代表高木善之の公式ブログです。

★トランプが大統領に

報道では「予想外の結果」と言っているが、私には「予想通り」だった。

というのは、オバマ政権の8年はどうだったか。
・ロシア、中国が軍事的に進出、
・アフリカ、中東で戦闘が激化、
・アメリカの影響力、地位が低下。
・「Change!」「Yes,we can!」は?

トランプは、現状のアメリカに、不安や不満を抱いている国民の心を捉えた。
「トランプはアメリカを変えてくれる!」
「彼は乱暴者だが、それでもいい!」
こんな人が予想以上に多かったのだ。

トランプは、
・ブッシュ大統領と同じことをやるだろう。
・メキシコとの国境に壁を作るだろう。
・TPPから離脱するだろう。
・不法移民、難民にきびしい政策を実行するだろう。
・日本に過大な要求をするだろう。
・アベノミクスは失敗するだろう。
・日米関係が大きく変わるだろう。
・日本国民は許容できないだろう。

そういう意味では、日本に新しい方向が可能になる。


★驚いた!

NHKの「世論調査」(最新)を見た。

1.内閣支持率46%        なんで???(>_<)
2.選挙には強い関心がない68%  なんで???(>_<)
3.経済関連に関心がある66%   なんで???(>_<)
4.与党が増えた方がいい28%   なんで???(>_<)
5.アベノミを評価する 48%   なんで???(>_<)
6.憲法改正は必要   27%   なんで???(>_<)

NHKの「世論調査」は電話なので、聞き方しだいで答えが変わることもあり、
証拠が残らないのでねつ造や改ざんの可能性もあるが、この結果にはがっくり!

日本人は、本当にこんなに何もわかっていないのだろうか。
新聞やテレビのニュースや報道を理解できないのだろうか。

イギリスの国民投票で「EU離脱」が決まったのと同じ気がする。
イギリスも若者の投票率が低い。
※日本は投票率50%だが高齢者70%、若者30%
イギリスの若者はいまごろになって、
「EUってなに?」「離脱ってなに?」と検索して、
わかってくると「わあ、困る!」「選挙のやり直しを!」と混乱が広がっているようだ。

日本も参議院選で与党が勝てば、
「平和憲法の破棄」が始まってから、同じことになりそう。

日本はこれほどにも国民が政治に無関心、期待していないのか。
しかし、いくら期待していなくても、
安倍首相に国を任せてもいいのか。


★あなたもどうぞ!

こんなこと、やってみませんか。
1枚目は、私のメッセージです。
2枚目は、あなたのメッセージをどうぞ!
 できれば拡散してください。


コスタリカは平和憲法を作り軍隊を廃止。
平和国家として世界に認められています。
日本と何が違うのか、日本はどうすればいいのか、
ぜひおいでください。 (参加費 500円)

軍隊を廃止した国コスタリカに学ぶ~子どもたちに残す未来づくり~


この事実についての報道の違い。

①朝日 「実績づくりに疑問の声も」
②毎日 「政治利用の声も」
③東京 「オスプレイに賛否」
④読売 「物資輸送開始」
⑤産経 「オスプレイ参上」
⑥琉球 「災害の政治利用はやめよ」
⑦赤旗 「オスプレイ『日本が要請』」

各紙のスタンスの違いがよくわかる。

最も注目したのは赤旗。
政府は「アメリカから申し出があった」
「それを断る理由はない」として
「お受けした」と発表したが、
赤旗は「日本が要請」と暴露した。

もし政府発表がウソなら大変なことになる。

いずれにせよ、近々、明らかになるだろう。


「環境の日」も知らなかった丸川珠代環境相は
「反放射能派がわーわー騒いだ」と揶揄したり、
「1ミリシーベルトなんて何の根拠もない」と暴論。
林経産相は原発の質問に窮し「勉強不足」を認めた。
石破地方創生相は昨年の答案を読み続ける始末。
最新では元法務大臣・松嶋みどり氏が、
答弁中の岸田外相の隣で居眠り、携帯、大あくび。
松島みどり氏、国会中に居眠り、ケータイ、大あくび...ネットで拡散し陳謝

「天声人語」は現状の政府について書いている。
ギリシャ語では、おごる者をヒュブリス(傲慢)
といい、ギリシャの神は天罰を下す。
イソップの寓話でも、ヒュブリスが戦争を起こす。
(天声人語)閣僚たちの失態と傲り

こんな政治家たちをまだ黙認する?


●これでいいのか、日本!

★高校の教科書検定
文部省が本年度の高校教科書について公表した。
南京大虐殺、戦後補償、領土、集団的自衛権など、
政府の主張を反映し、従来とは大きく変わった。
中学の教科書は昨年、大きく変わった。
日本の教育が大きく右傾化、軍国化する。
信じがたいことが次々と起こっている。
安倍政権のみなさん、そんなに戦争したければ、
アメリカ軍に志願して、どこにでも行くがいい。

★核兵器の保有も使用もOK
内閣法制局の横畠長官は参議院予算委員会で、
「核保有も核使用も禁止されていない」と述べた。
おいおい!日本は「非核三原則」だよ。
「核を持たず、作らず、持ち込ませず」
これを決めたのは、
安倍首相の大叔父、佐藤栄作氏だよ。
当然、「核は使わず」だよ。
核保有も使用も憲法違反だよ。
そんなこともわからずに、何やってんだ。
こんな政府は選挙で転覆させるしかない。


★安倍政権 末期症状?

1.甘利経済大臣の「口利き」辞任のあと、
2.高市早苗総務大臣の電波停止発言、
3.丸川環境大臣の放射線に関する暴言、
4.歯舞が読めなかった島尻沖縄北方担当相、
5.きょうは麻生財務相が軽減税率に関して
  「混乱は当然、倒産も当然」と失言。
6.岩城法務大臣はTPPで答弁不能に。
安倍政権の大臣はほぼ全滅!
いよいよ末期症状ではないか!

★高速増殖炉「もんじゅ」
ふつうの原発の廃炉費用は数百億円だが、
「もんじゅ」は3000億円以上と試算された。
さらにナトリウムを取り除く技術がないため、
その研究開発費が別途かかる。
1兆円以上をつぎ込み、事故続きで、
一度も稼働しないまま1日5500万円かかっている。
1日も早く廃炉を決定すること。
これ以上、無駄と危険を継続してはならない。


福島原発の地下水対策「凍土壁」が動き出す。
原発4基を取り囲む全長1.5キロに、
長さ30メートルのパイプを1メートル毎に1本打ち込み、
そこにマイナス40℃の冷却剤を循環させて凍土壁を作る。
その凍土壁で地下水を止めようというわけだが、
一日400トンの地下水は凍土壁を解凍するだろう。
1500本のパイプの埋設に3,000億円!
冷却剤の循環に400億円!
費用は東電ではなく国家予算=私たちの税金。
さらにマイナス40℃の冷却剤にも膨大な電力を消費する。
凍結壁はトンネル工事でも失敗している。
パイプの破損、リークなどトラブルも大変。
私の対案は鉄板を打ち込む方式。
鉄板なら地下水は確実にストップできるし、
費用は十分の一以下。
電力もゼロ。メンテナンスもいらない。
安倍政権は信じられないくらい馬鹿だ。
まともなブレインはいないのか。
(-'-;) (-_-#) (-"-;) (-.-;) (`_´メ)


沖縄県知事は辺野古の工事承認を取り消した。
今後、国交省は知事の命令に「無効」を出し、
沖縄県側は裁判所に提訴するだろう。
しかし訴訟中も工事が続くことになる。

政府は「辺野古を注意すると普天間基地移転も中止、
普天間基地の危険性除去ができなくなる」という
論理を展開しているが、これは根本的におかしい。

なぜなら、この問題は、
1995年の「米兵少女暴行事件」が発端なのだ。
そのことに怒った県民の抗議行動によって、
日米両政府は「基地負担を減らす」ことを約束、
その目玉が「普天間基地返還」だったのだ。
「基地返還」が「基地移転」にすり替わり、
「基地負担の抜本的軽減」が「危険の除去」にすり替わった。
「基地負担」には「危険」「騒音」だけではなく、
むしろ「米兵による犯罪(暴行事件)」が大きいのだ。
事実を知れば、同じ日本人として耐えがたいはずだ。
http://nev0.com/1Pr7PJu

「基地返還」⇒「基地移転」
「抜本的軽減」⇒「危険の除去」
この二つのすり替えを許してはならない。
「辺野古移転を中止なら普天間基地は今のまま」
という論理は全く暴論なのだ。

米軍基地の74%を沖縄に押し付けている現状に、
多くの国民が「日本の安全保障のためだから仕方ない」
と無関心でいることは許されない。
自分が沖縄に住んでいればどうですか。
これは原発に対しても同じことが言える。
自分が福島に住んでいればどうですか。
みんなで「NO」の声を上げよう。

すでに全国16の市町村議会で
「辺野古移設中止を求める意見書」が決議され、
参議院議長、首相に提出されている。




 

過去のブログ日記