ホーム>『地球村』からのメッセージ>高木善之ブログ日記>集団的自衛権、原発、TPPへの意思表示

ネットワーク『地球村』代表高木善之の公式ブログです。

本命の京産大の排除を指示する決定的証拠の
議事録も見つかった。これで道具は揃った。
さあ、怪文書発言、前川氏を個人攻撃した菅官房長官、
隠蔽と偽証を続けた文科大臣と内閣府の幹部ども、
「知らぬ存ぜぬ」を言い張った安倍首相、どうなるか。

行政への圧力、行政の捻じ曲げで有罪、逮捕か。
内閣支持率は急落、選挙は落選か。
内閣総辞職、政権交代、一気に進むことをめざし、
野党は本気で攻めろ。国民も頑張れ。
政府批判のメディア頑張れ。


本日、政府は衆議院本会議で共謀罪を強行採決しようとしている。
こういう重要な時に限ってNHKは国会中継をしない。
これまでもそうだ。NHKの隠蔽に抗議を入れよう。

★方法
http://www.nhk.or.jp/css/goiken/mail.html
『メールフォームはここをクリック』をクリックすると
フォームが出てきます。
私もいま抗議文を送った。

NHKテレビの国会中継はしっかりと見ている。
しかし政府の「強行採決」が予測される重要な局面に限ってど中継されない。
例えば「共謀罪」を強行採決した先日の衆議院委員会、そして「共謀罪」を強行採決が予想される本日(5月25日)の衆議院本会議は中継がない。
なぜ、こういう重要な時に限って「国会中継」をしないのですか。
政府にとって都合の悪い「国会中継」をしないNHKの体質に強い疑念を感じる。

★抗議文を出そう。
★拡散してください。


●世界の分断

●世界の分断
 いま世界は分断に向かっている。
 地球は(地質学的には)、統合と分断の繰り返しである。
 超大陸が分断して大陸に。大陸が統合されて超大陸に。
 世界も(国家や民族も)、統合と分断の繰り返しである。
 地球も生命体であるから、その類似は当然であろう。
 侵略戦争は、分断から統合へ向かうプロセスであり、
 独立戦争は、統合から分断へと向かうプロセスだ。
 世界大戦は、分断から大きな統合へのプロセスであり、
 いま世界は、大きな分断へと向かっている。

●国家の分断
 世界の大きな分断の流れは、国家にも個人にも及ぶ。
 いま世界の国家は分断へと向かっている。
 数十年かけて作り上げた欧州連合(EU)は、
 昨年のイギリスの「EU離脱」に始まり、分断への動きが広がっている。
 5月の「フランス大統領選挙」、9月の「ドイツの総選挙」で、
 大きな流れが生まれるだろう。
 仮に、フランス、ドイツの選挙結果が、
 それを押し留めたとしても、分断が止まる訳ではなく、
 分断が早いか遅いかの違いである。

●国内の分断、個人の分断
 国の中でも分断の流れは拡大している。
 政府不信、政党間、政党ないの不信と分裂、経済格差、企業間格差、人と人とのつながり、未来への希望の喪失など分断が広がっている。
 「自分さえ良ければいい」「今さえ良ければいい」
 「人のことは関係ない」「未来なんて考える余裕なんかない」
 個人主義、利己主義が広がり、人間関係は希薄になり、自信を失い、自分を見失い、不安に過ごしているのではないだろうか。

 私たちのめざす「みんなの幸せ」「みんなが幸せな社会の実現」とは真逆の方向に向かっている。
 だから、だからこそ、私たちの役割が大切なのだ。


★トランプが大統領に

報道では「予想外の結果」と言っているが、私には「予想通り」だった。

というのは、オバマ政権の8年はどうだったか。
・ロシア、中国が軍事的に進出、
・アフリカ、中東で戦闘が激化、
・アメリカの影響力、地位が低下。
・「Change!」「Yes,we can!」は?

トランプは、現状のアメリカに、不安や不満を抱いている国民の心を捉えた。
「トランプはアメリカを変えてくれる!」
「彼は乱暴者だが、それでもいい!」
こんな人が予想以上に多かったのだ。

トランプは、
・ブッシュ大統領と同じことをやるだろう。
・メキシコとの国境に壁を作るだろう。
・TPPから離脱するだろう。
・不法移民、難民にきびしい政策を実行するだろう。
・日本に過大な要求をするだろう。
・アベノミクスは失敗するだろう。
・日米関係が大きく変わるだろう。
・日本国民は許容できないだろう。

そういう意味では、日本に新しい方向が可能になる。


★驚いた!

NHKの「世論調査」(最新)を見た。

1.内閣支持率46%        なんで???(>_<)
2.選挙には強い関心がない68%  なんで???(>_<)
3.経済関連に関心がある66%   なんで???(>_<)
4.与党が増えた方がいい28%   なんで???(>_<)
5.アベノミを評価する 48%   なんで???(>_<)
6.憲法改正は必要   27%   なんで???(>_<)

NHKの「世論調査」は電話なので、聞き方しだいで答えが変わることもあり、
証拠が残らないのでねつ造や改ざんの可能性もあるが、この結果にはがっくり!

日本人は、本当にこんなに何もわかっていないのだろうか。
新聞やテレビのニュースや報道を理解できないのだろうか。

イギリスの国民投票で「EU離脱」が決まったのと同じ気がする。
イギリスも若者の投票率が低い。
※日本は投票率50%だが高齢者70%、若者30%
イギリスの若者はいまごろになって、
「EUってなに?」「離脱ってなに?」と検索して、
わかってくると「わあ、困る!」「選挙のやり直しを!」と混乱が広がっているようだ。

日本も参議院選で与党が勝てば、
「平和憲法の破棄」が始まってから、同じことになりそう。

日本はこれほどにも国民が政治に無関心、期待していないのか。
しかし、いくら期待していなくても、
安倍首相に国を任せてもいいのか。


★あなたもどうぞ!

こんなこと、やってみませんか。
1枚目は、私のメッセージです。
2枚目は、あなたのメッセージをどうぞ!
 できれば拡散してください。


コスタリカは平和憲法を作り軍隊を廃止。
平和国家として世界に認められています。
日本と何が違うのか、日本はどうすればいいのか、
ぜひおいでください。 (参加費 500円)

軍隊を廃止した国コスタリカに学ぶ~子どもたちに残す未来づくり~


この事実についての報道の違い。

①朝日 「実績づくりに疑問の声も」
②毎日 「政治利用の声も」
③東京 「オスプレイに賛否」
④読売 「物資輸送開始」
⑤産経 「オスプレイ参上」
⑥琉球 「災害の政治利用はやめよ」
⑦赤旗 「オスプレイ『日本が要請』」

各紙のスタンスの違いがよくわかる。

最も注目したのは赤旗。
政府は「アメリカから申し出があった」
「それを断る理由はない」として
「お受けした」と発表したが、
赤旗は「日本が要請」と暴露した。

もし政府発表がウソなら大変なことになる。

いずれにせよ、近々、明らかになるだろう。


「環境の日」も知らなかった丸川珠代環境相は
「反放射能派がわーわー騒いだ」と揶揄したり、
「1ミリシーベルトなんて何の根拠もない」と暴論。
林経産相は原発の質問に窮し「勉強不足」を認めた。
石破地方創生相は昨年の答案を読み続ける始末。
最新では元法務大臣・松嶋みどり氏が、
答弁中の岸田外相の隣で居眠り、携帯、大あくび。
松島みどり氏、国会中に居眠り、ケータイ、大あくび...ネットで拡散し陳謝

「天声人語」は現状の政府について書いている。
ギリシャ語では、おごる者をヒュブリス(傲慢)
といい、ギリシャの神は天罰を下す。
イソップの寓話でも、ヒュブリスが戦争を起こす。
(天声人語)閣僚たちの失態と傲り

こんな政治家たちをまだ黙認する?


●これでいいのか、日本!

★高校の教科書検定
文部省が本年度の高校教科書について公表した。
南京大虐殺、戦後補償、領土、集団的自衛権など、
政府の主張を反映し、従来とは大きく変わった。
中学の教科書は昨年、大きく変わった。
日本の教育が大きく右傾化、軍国化する。
信じがたいことが次々と起こっている。
安倍政権のみなさん、そんなに戦争したければ、
アメリカ軍に志願して、どこにでも行くがいい。

★核兵器の保有も使用もOK
内閣法制局の横畠長官は参議院予算委員会で、
「核保有も核使用も禁止されていない」と述べた。
おいおい!日本は「非核三原則」だよ。
「核を持たず、作らず、持ち込ませず」
これを決めたのは、
安倍首相の大叔父、佐藤栄作氏だよ。
当然、「核は使わず」だよ。
核保有も使用も憲法違反だよ。
そんなこともわからずに、何やってんだ。
こんな政府は選挙で転覆させるしかない。




 

過去のブログ日記