ホーム>『地球村』からのメッセージ>高木善之ブログ日記>事務局はグリーン電力

事務局はグリーン電力

『地球村』 (

2011年04月06日

)

大震災(特に原発事故)をきっかけとして、「『地球村』事務局でなにができるか」を考え、このたび実施できたグッドニュースをお知らせします。

【事務局の電力使用を「脱原発」にしました!】

『地球村』事務局は、これまで関電(関西電力)と通常の契約をしていましたが、関電の電力は「原子力発電50%、火力40%、水力10%」です。

ところが、電力には「グリーン電力」という考え方があり、民間会社が自然エネルギー(電力)を電力会社に販売していて、それを(割高ですが)個別に契約することができるのです。

『地球村』事務局は、今回の大震災をきっかけに、それを契約することにしました。
事故の日(3月11日)以降、事務局の電力は「グリーン電力」に変更しました。
製材所の廃材や木製建築廃材を原料にした兵庫県のバイオマス発電を契約、電気代は約2倍になりましたが、「脱原発」という満足感があります。全国で「グリーン電力」が広がると「脱原発」が実現できるのです。ドイツは、まさにこのように成功しつつあります。

あなたのおうちや会社でも、ぜひ検討してください。

グリーン電力契約

詳細は「家庭や会社で脱原発しよう!」

次の記事 ≫
大地震から1ヶ月