ホーム>『地球村』からのメッセージ>高木善之ブログ日記>空前の巨大地震(3月14日朝)

空前の巨大地震(3月14日朝)

2011年03月14日


  ネットワーク『地球村』代表  高木善之

3月11日(金)午後2時46分、テレビ速報で大地震を知った。
「地震の規模はM8.4」という最初の報道に驚き、大津波、大火災、原発事故、多数の行方不明など刻々と深刻な事態が報道され、地震の規模もM8.8からM9.0に修正され、空前の被害が見えてきた。
事務局では、情報収集、情報発信にフル回転、土曜日曜もなく24時間体制となった。今も情報収集、情報発信、支援と支援の協力をすすめています。

今朝の新聞報道では、
「宮城 死者1万人超」
「安否不明 数万人に」
「大槌町、南三陸町では一万人が安否不明」
「東松島市野蒜の海岸付近で数百の遺体を確認」
「福島原発3号機も爆発の恐れ 海水を注入」
「本日から関東で輪番停電」など、
甚大な被害を前に言葉もありませんが、いま必要なのは、あきらめず、希望を持って、冷静に行動することです。

地震の規模(M9.0)は、日本観測史上最大、世界でも過去50年間では、スマトラ沖地震(M9.1)に次いで2番目。
死者行方不明、被害規模も、史上空前となるのは確実。
日本経済全体に長期に影を落とすだろう。

●当面、最大の問題
・原子力発電所の事故
 3月12日、1号機の炉芯溶融、放射能漏れ、建屋の水素爆発
 3月13日、3号機の炉芯溶融、放射能漏れ、
 3月14日、3号機の建屋の水素爆発 
 ※これ以上の事態が起こらないことを祈る・・・

●今後の大きな課題
・被災地への食糧と水の供給
・被災地への電力、水道、ガスの供給
・被災者の受け入れ、避難所、仮設住宅、受入れ地域
・被災地のインフラ(鉄道、道路)の復旧