ホーム>『地球村』からのメッセージ>高木善之ブログ日記>★あれから5年

★あれから5年

2016年03月11日


<震災5年>見てて ばあちゃん 地震・津波研究へ(毎日新聞・Yahooニュース)
津波で亡くなった母、伏せた父 思い受け止めた17歳は(朝日新聞)

心が締め付けられる話だなあ・・・
私も当時のことを思い出した。
思い出した、という言葉自体、
現地の方、被災者、当事者には申し訳ない・・・

★『地球村』の当時の活動
1.情報集めするとすぐに「メルトダウン」がわかったから、
  「東電も政府も隠しているが、
   最悪のメルトダウンが起こっている。
   逃げること。離れること」という情報発信を始めた。

2.事務局の電力を「グリーン電力」に変更した。

3.緊急募金を始めた
  約1年間で4000万円が集まり、全額支援した。
  (『地球村』の募金は100%支援に使われる)

4.1ヶ月後、私は現地を見て回った
  石巻、大槌、三陸高田、南三陸、南相馬など、壮絶だった。
  記録写真がたくさん残っている。
  阪神大震災では三日後に現地に入ったが、
  被害の規模はその100倍以上だった。

5.医療支援、米の支援、孤児の奨学金支援などを開始

6.半年後、安全でおいしい新米を被災地に届けた。
  飯館村の菅野村長と会った。「本当に助かります。
  この村は全員が農民なのに、食べる米がないんです。
  農民が都会の方々から米をいただくなんて・・・」
  と涙を流しておられた。その姿が忘れられない。
  『地球村』は飯館村に、米や支援金を贈り続けた。

他にもいっぱいある・・・
それらが走馬灯のように浮かんできた・・・

犠牲者には心からのご冥福を。
ご協力いただいた方々には心から感謝を。
合掌。