ホーム>『地球村』からのメッセージ>高木善之ブログ日記>【ブログ日記】映画「いのちの食べかた」

【ブログ日記】映画「いのちの食べかた」

ネットワーク『地球村』 (

2007年11月22日

)

東京スペシャル・ミーティングの翌日 (本日)に
話題のドイツ映画「いのちの食べかた」を観てきました。
とてもとても重い内容でした。
ミーティング参加メンバーの数名と一緒に観ましたが、
観た後、みんな言葉少なでした。


牛、豚、ニワトリなどが、
異常なほどの大量飼育されて、
それが工場で機械化と人手によって、
効率的に殺され解体され、出荷されて行く場面を、
何の解説もなく、淡々と写し出して行きます。
衝撃のドキュメンタリーでした。

私は、牛、豚、ニワトリを飼育し、出荷も経験し、
殺す現場、解体現場を知っているだけに、
いろいろ思い出して感慨もあり、よけいに重いです。
いのちの尊敬と、
すべての幸せを祈らずにはおられません。

※誰にでもおすすめ、という映画ではありません。


映画「いのちの食べかた」
http://www.espace-sarou.co.jp/inochi/

上映予定、上映劇場
http://www.espace-sarou.co.jp/inochi/main/theater.htm