ホーム>『地球村』からのメッセージ>高木善之ブログ日記>★『闇の子供たち』

★『闇の子供たち』

2016年07月19日


私が、映画『闇の子供たち』を見て
未成年の少年少女の人身売買問題に
取り組んだのは2009年。
すぐにカンボジアに視察に行き、
東南アジア全体に「児童買春」が広がっている実態を知った。

たとえば、昨年、学校の校長先生が、
過去20年以上、東南アジアに行き、
「児童買春」を続けていた罪で逮捕された。
1万人以上の子供たちの画像、動画が押収された。

現地で救済活動をしている市民団体の話では、
お客の3割が日本人(推定毎年3000人)。
信頼できる団体を見つけ支援を始めた。
その一つがインドのNGO「レスキュー」。

そこから先ほど6月の活動報告がありました。
「少女34名の救出、犯人11名の逮捕」
嬉しいことです。

▼『地球村』のこれまでの支援
・2009年10月から6年8ヶ月で259回の救出活動を行い、
 これまで1,757名の少女を救出。
・これまでの支援総額 5,588,400円

すごいと思いませんか。
年100万円で、こんなに大きな活動ができるのです。
みなさまのご理解ご支援の賜物です。
今後ともよろしくお願いします。
http://www.chikyumura.org/fund-raise/index.html#tab1