ホーム>『地球村』からのメッセージ>高木善之ブログ日記>★ぜひ読んで(安保条約)

★ぜひ読んで(安保条約)

2015年09月29日


・日本は地理的に社会主義圏、共産主義圏に隣接
・有事の際には自力で自国を守ることはできない
・アメリカにとっても日本は重要な場所にある
・日米両国のメリットのために日米安保条約を締結
 「日本は米軍に土地と資金を提供し、
  法的にも大きな優遇を与える見返りに、
  米軍は平時、有事に日本を守ること」を義務付けている。

この状態で戦後70年の平和を維持してきた。
この現状に、国民は「不足」を感じていないし、
政府からも「不足」の説明はなかった。
それにも拘わらず、政府は突然、
「米軍を守ろう。米軍と共に戦おう。
 多国籍軍(連合軍)に参加し、連合軍の敵と戦おう。
 そのために自衛隊を強化しよう。
 それが日本の平和の強化になる」と言い出したのだ。

こんなこと誰だって反対するのは当然だ。
だから1年以上、国会で議論しても平行線で、
国民の6割が反対、8割が納得できない。

★現状の分析
・安倍首相の思想(強迫観念)
・そこに側近、保身の議員、利権業界が群がり、
・同じような強迫観念を持つ者たちが群がり、
・この状況を形成しているのだ。
※強迫観念は臆病な人がはまりやすい。

★この状況を改めるには、
・安倍首相と同調議員を落選させること。
・野党連合を形成し自民党を完敗させること。
・国民一人一人が自分の頭で考え、自分の言葉で伝えること。
そのパワーアップに、
10月17,18日の私のワークショップへ。